MENU

借金とは無縁の生活を送っていました

身がキャッシングをした鍵は、キャンパスを中退したのち、派遣で働き始めたお金が少なかったことが要因でした。当時は22年でしたが、遊戯やホビーのためのお金がぜんぜん足りませんでした。サラリーは20万円もいかなかったので、お金を前述借りする感覚でキャッシングを利用しました。

 

借りた収入は最初は10000円でしたが、なれてくるうちにサクサク高額になっていき、5万円くらいを借りるようになっていました。お金が出たらアッという間に返していましたが、毎月のように借りていたので、絶えず5万円分の借金がある状態で生活していたということになります。

 

借りたその後は、大手の消費者金融でした。クレジットカードにキャッシング範囲がついていましたが、クレジットカードのキャッシング範囲はのほほんと使ってはいけないような気がしていました。実際には金利は同じなので、どちらを利用しても概してかわらなかったのですが、大手の消費者金融は近くに専用のATMがあり、手間賃がサービスでしたのでわずかに得だったと思います。

 

後、正社員になることができたので、キャッシングを利用しなくなりました。それどころか、積み重ねができるようになってきて、生涯は安定してきました。正社員の販売は2年くらい続けていて、借金とは無縁の生活を送っていました。しかし、場所での販売に嫌悪がさして、都市で働きたいと思うようになり、また派遣の販売をはじめました。積み重ねはつぎつぎ減っていき、また借金をするようになりました。

 

正社員の販売で収入に余裕がある生活を送っていたせいか、こんどは10万円、20万円と借金をしてしまいました。クレジットカードも使って借金をするようになり、値段は100万円を超えました。次第にまた正社員になれるという根拠のない誇りがあったせいでもありました。結局、正社員になることはできず、借金がこれ以上増えたら生涯ができなくなるという箇所まできて、自分が間違っていたことに気づきました。弁護士に面談をしてフリー整頓をしてもらい、きっと100万円の借金を5年かけて返済することになりました。

 

現在では借金の無い生活を送っていますが、わたくしとおんなじあやまちをおかしてしまう自身もいるかもしれないので、こういう感想を書いてみました。借金をするときは、ほぼ確実に返せるという自信があるシーンだけにしておくべきです。そのうちお金が上がるとか、正社員になれるとか、そういった根拠のないことを理由にしてたくさんの収入を借りてしまうと自責をすることになります。